東洋思想

34,大壮(雷天大壮)らいてんたいそう

34,大壮(雷天大壮)らいてんたいそう 「大いに盛ん」 原文 卦辞「大壮。貞しきに利し」 初九「趾に壮んなり。往きて凶。孚有り」 九二「貞しきに吉」 九三「小人、壮を用い、君子、罔(もう)を用いる...

33,遯(天山遯)てんざんとん

33,遯(天山遯)てんざんとん 「逃れる、退避、去る」 原文 卦辞「遯は亨る。小の貞しきに利し」 初六「遯の尾。厲うし(あやうし)。往くところ有るに用いるなかれ」 六二「これを執すに黄牛の革を用...

32,恒(雷風恒)らいふうこう

32,恒(雷風恒)らいふうこう 「常理、久しく続く」 原文 卦辞「恒は亨る。咎なし。貞しきに利し。往くところ有るに利し」 初六「浚く(ふかく)恒にす。貞しくして凶。利しきところなし」 九二「...

31,咸(沢山咸)たくさんかん

31,咸(沢山咸)たくさんかん 「感じる、夫婦」 原文 卦辞「咸は亨る。貞しきに利し。女を取るに吉」 初六「其の拇(おやゆび)に咸ず」 六二「其の腓(こむら)に咸ず」 九三「其の股(もも)...
東洋思想

儒学を学ぶ

個人的な話ですが 僕は儒学が大好きです。 みなとりあえずさわり程度でも、儒学は学ぶべきだと思っております。 その儒学の中では、四書五経という 主とされている書、その他多数の書があり 軽く個人的考...

30,離(離為火)りいひ

30,離(離為火)りいひ 「付く、昇る、明らか」 卦辞「貞しきに利し。亨る。牝牛(ひんぎゅう)を畜い(やしない)、吉」 初九「錯然(さくぜん)を履む。これを敬いて咎なし」 六二「黄に離く(つく)。元いに吉」 九...

29,坎(坎為水)かんいすい

29,坎(坎為水)かんいすい 「陥る、沈む、困難」 卦辞「習坎は孚有り。維れ(これ)心亨る。行けば尚ぶ有り」 初六「習坎。坎萏(かんたん)に入る。凶」 九二「坎に険有り。求めて少し得る」 六三「来るも之く(ゆく...

28,大過(沢風大過)たくふうたいか

28,大過(沢風大過)たくふうたいか 「大きな過失」 卦辞「大過は棟(むなぎ)撓む(たわむ)。往くところ有るに利し。亨る」 初六「藉(しく)に白芽を用いる。咎なし」 九二「枯楊(こよう)稊(ひこばえ)を生ず。老夫...

27,頤(山雷頤)さんらいい

27,頤(山雷頤)さんらいい 「口、養う」 卦辞「頤は、貞しくして亨る。頤を観る。自ら口實(こうじつ)を求む」 初九「爾(なんじ)の靈龜(れいき)を舎てる。我を觀て頤を朶る(たる)。凶」 六二「顚(さかしま)に頤...

26,大蓄(山天大畜)さんてんたいちく

26,大蓄(山天大畜)さんてんたいちく 「大きく蓄える、止まる」 卦辞「大畜は、貞しきに利し。家食せずして吉。大川を渉るに利し」 初九「厲うき(あやうき)有り。已む(やむ)に利し」 九二「輿(くるま)の輹(とこし...
タイトルとURLをコピーしました