ニート見習いの生活費計算(2019年9月)

今月の生活費計算(2019年9月)

 

 

2019年9月 支出内訳

必須消費
¥37,343 38.51% 家のローン(固定費)
¥ 9,800 10.11% 学習費(仮固定費)
¥ 5,994   6.18% 通信費(固定費)
¥ 2,223  2.29% 光熱費
¥     0   0.00% 仕事のための費用

変動消費
¥27,493 28.35% 食費
¥    289  0.31% 雑貨
¥   440  0.45% 趣味
¥ 5,500  5.67% 交際費
¥   980  1.01% 交通費

臨時消費
¥ 6,900  7.12% 自転車


合計
¥96,962

 

実質の臨時収入(ポイントバックなど)
なし

 

反省と考察

今月の反省点は何と言っても食費です。
なぜこんなにもかかったのか。
仕事を始めたことによって、その昼食代を職場で提供してもらえる
昼食にすることにより、¥7,000近くの出費になりました。
これに加えて米10kg(約¥2,000)これにより
合計¥10,000近くの出費になったのが大きかったかと。

そして極め付けは、働いていることへの言い訳としての
自炊の数が減ったこと。が挙げられます。

交際費と、自転車の買い替えにより
¥12,000超えの出費が出たこともポイントの一つです。

ここでもう一度、減らすということを改めて考えてみました。
まず食費
・自炊を増やし買い物の金額ではなく回数を減らすこと
次に交際費
・極力断ることにより減らすことが可能
そして教育費
・自らへの教育をなくせば減らすことが可能

以上三点を切り詰めれば
約¥25,000ほどは削減可能かと思われます。

以上の点を踏まえて
特に食費に焦点を当てて削減をしていきたいと思います。
・教育費は減らしたくない。
・交際費は極力交流活動は行いたい点から、無駄な交際はもちろん控えてはいるが、これ以上の削減は控えたい。
・職場での食事も、栄養面から考えたところそのまま継続でいくことにする。

という点から考えると

「言い訳せずに自炊すること」

これが一番重要かと思います。

切り詰めすぎず、無駄な点に焦点を当てて削減していく。

ということがテーマになるかと思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました