【ステップ1】人間のタイプ(全体像)

まず、人間のタイプについて話す際に
全体像を明確にしてから、個別の解説に入っていきたいと思います。

人間のタイプ 前提

僕が提唱する人間のタイプとは
能力に生まれつき備わっている機能や性質、欲求などの
個人個人の癖や偏りのことを指します。

これを分けると、8種類のタイプの強弱が人によって異なり
全体が作られるということになります。

そして各要素は相反するものであり、どちらかが得意であった場合
逆の要素は苦手である。
ということになります。

一つ例を出して解説すると

「従」と「立」

「従」とは従う能力が優れており、何か自分が認めたものや制度、権威などに従い尽くすことに長けている人のことです。
この傾向が強い人は、何かしら拠り所となる人や尊敬すべき人
会社や家族や社会など、忠義を尽くすとより能力が発揮でき
心も満足した環境が得られるタイプです。

逆に「立」とは自分で何かを行う能力が優れており
なんでも自分でやりたがるタイプです。人の下で動くことや
制約がある中で動くことに対しては抵抗があり、自分の責任のもと
自分の裁量で物事を行える環境で、より能力が発揮でき
満足した環境が得られるタイプです。

この例で言うと「従」と「立」は相反するものであり
「従」が強い人は「立」が苦手であり、逆もまた然りなのです。

どちらが良い悪いではなく、ただの傾向の違いに過ぎないのです。
よりよく生きるためには、互いの長所短所を理解しあい
お互い補完しあって生活すると、よりスムーズな生活が送れるでしょう。

「従」が強くて60ほどの強さの人もいれば20ほどの強さの人もいる
逆に「立」が強くて80ほどの人もいれば、40ほどの人もいる
どちらも強いが、「従」80「立」60なのでどちらかというと「従」が強いが
両方対応できる。
といった人もいるでしょう。

強弱はそれぞれ、そしてどちらかの偏りがある。
この偏りのことをタイプと呼ぶ。

人を明確に◯◯タイプだからこうだ!
と断定するようなものではなく、各種機能や欲求などの得意苦手の偏りのことを指す。

さらに細かく言うと、その人の成長過程や時間帯や感情などによって
多少数値は変動し、時には逆タイプや今まで違っていたタイプに
少し変化することがある。
どちらかというと動的なものです。

前提としてはこういった考え方です

8種類の人間のタイプ

では次に、僕自身が提唱する8種類のタイプをあげたいと思います。

①「従」「立」「支」

②「過去」「現在」「未来」

③「内向」「外向」

④「集中」「全体」

⑤「具体」「抽象」

⑥「知識」「実行」

⑦ 機能と欲求

⑧ 人(上下左右)

この8種類の組み合わせによって、その人のいわゆる「性格」が
決まり、十人十色の人の性質となるのです。

 

次回以降に、各タイプの解説をしていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました