ちょっと休憩、ちょっと思ったこと

はじめに言うと、雑文です

最近思い返すことが多いのですが、日々大切に生きるって
本当に大事なことだと思う。

小さい頃、とっても楽しかった日々を送っていた記憶が
たいていの人にはあるでしょう。

なぜか大人になるとみんな
「あの頃は良かったな、楽しかったな」
などと思う人が多くなってきます。

でも

いつだって、誰だって、今を最高に楽しく生きることってできるんです。

できない。と思い込んでるだけで。

違う。

できないんじゃない。できないと思ってるだけ。
大人になると賢くなり、できない理由を探し出す。
僕が提唱する「賢いバカ」ってやつです。
大人になればなるほど、この「賢いバカ」になりやすくなる。

だけど、僕らがなるべきは「バカな賢い人」
大人になるとお金の問題、仕事の問題、体力の問題、人間関係の問題
いろんな問題に気づくようになる。
それって悪いことじゃない。

小さい頃、盲目的に見えていた現実が
はっきりと見えるようになってきたということ。
対策すべき問題が、明確に見えてきたということ。

ならあとは、それに向き合って、自分の力で
子供の頃に夢見ていたような楽しい日々を、自ら獲得するだけ。

少しずつ、少しずつ、獲得していけばいい。
何が自分にとって大切なのか。
いわゆる、自分がしたいことがわからない。
などと思う人も多いと思う。

でも、それって難しく考えすぎなところがあって
これまた大人になるとありがちな「難しく考えてしまう症候群」の
典型的なパターン。

物事は単純であるほど真理に近いんです。
易経などの中国の古典にもこのようなことが書いてます。

単純なものほど、真理に近くて、でもそれは見つけることが難しい。

自分が本当に喜びを得られるものは何なのか。
自分が本当に幸せを感じることは何なのか。
家族や食事だったり、友達、恋人、子供、孫など
意外に身近なところにあると思うのです。

「今日美味しいご飯を食べること」
でもいいし
「家族と他愛のない話をすること」
でもいい。
「子供の寝顔を見ること」
でも
「安心して眠りにつくこと」
でもいい。

本当に何でもいいから、気付き、それに従えばいい。
考えたらわかることだと思うけど、実は結構簡単なことなんですよね。

日々人と接しているとやっぱり、夢のない大人が多いような気がします
でも、夢を持って、人生を楽しく生きることって
何物にも変えがたい最も大切なことだと思います。

自分にとって大切なことに気づき、余計なことに惑わされずそれに集中する。

夢を大きく持つことも大事だけど
目の前の小さな夢に気づいてそれを思いっきり堪能することも
同じぐらい大切だと思う。

難しそうなことなら、一歩ずつ歩いていこう。
今を最高に楽しみつつ、未来を思ってワクワクしながら日々生きる。
日々懸命に過ごす。

最近このようなことを思っていたりします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました