ニートの節約生活費計算(2019年4月)

今月の生活費計算と反省(2019年4月)

今月も1ヶ月経過して、月の支出額が出ました。
今月も目標は8万円前後ということでやってまいりました。
その他の節約は力をそんなに強く入れていなかったのですが
結果は、以下のようになりました。

 

 

2019年4月の支出内訳

¥37,343 39.06% 家のローン(固定費)
¥10,916 11.42% 学習費(仮固定費)
¥ 5,994  6.27% 通信費(固定費)
¥ 2,406  2.52% 光熱費

¥13,146 13.75% 食費
¥ 9,198  9.62% 交際費
¥ 3,700  3.87% 美容室代
¥ 2,020  2.11% 娯楽費
¥ 2,055  2.15% 雑貨
¥   216  0.23% 経費
¥ 8,600  9.00% 固定資産税


合計
¥95,594

 

考察

先月出した目標である¥85,000を大きく上回る結果になってしまいました。
理由としては固定資産税の¥8,600
そして交際費の¥9,198
最後に肝心かなめの食費¥13,146
精神的な影響である娯楽費¥2,020も大きいです。
ちなみにこの娯楽費は、外食費用です。

これらを総合して考えると、あと2万円は抑えられたかなというところです。
税金を抜きにしたら1万円程度の節約は可能ということになります。

とはいえ、ここまで1年の1/3が終わって合計金額が
¥340,235
年間100万円以下の予定のペース以上です。

そしてほぼ固定費用の残り8ヶ月分計算額である
家代 ¥298,774
光熱費 約¥30,000
通信費 ¥47,952
美容室 約¥16,000
通信費(学習費)¥78,400
残り固定資産税 ¥24,000
サーバー・ドメイン代 約8,000
上記を加算した ¥503,126

と考えると、今年で残り使える金額が
約¥157,000(月換算¥20,000以下)

食費¥10,000でできた場合
その他の費用が¥10,000

なかなか簡単ではないのじゃないかと思えてきました。

節約のみに徹したら可能かもしれませんが
勉強や交際活動など、この節約生活よりも大切なやりたいこともあるため
そこは妥協してしまいそうです。
学習費で年間約¥120,000も無くしたくないし
僕もまだまだ節約レベルが低いですね。

がしかし、学習や交際などの余計な費用をかけなければ
年間100万円で生活することは、十分可能なレベルであると言えるでしょう。

僕自身も働き出したら出費が増えると予想されますし
目標達成には厳しい現状予定となっていますが
年間を通して極力続けていきたいと思います。

 

ちなみに、今月の電気代は初めて見た金額でした。
¥294とかです。

これには僕自身もびっくり。
電力自由化による電力会社の変更はかなりオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました