【ステップ0】5,自分の土台を作る(健康編)

 

人生を心身ともに豊かに生きるためにやるべきことの基礎の部分について

上記の図の下段にある資源と心理のうちの4つの項目

「時間」「健康」「お金」「心理」

この4つの項目の最低限のライン(地盤)をまず安定させる必要があるという話を以前にしました。

本日はそのうち

「健康」

の最低ラインについて解説します。

 

健康的な身体を作る

若い人や大抵の人は、何もせずにして健康的な身体を保てていると思います。

ですが、失って初めて気づくこと。
健康な身体というものは、本当は一番大切なすべての根本となる部分なのです。
健康な身体がなければ、時間があってもお金があっても知識があっても
結局は何をすることもできません。

故に健康を保つことは、一番大切なことなのです。

 

今健康だから大丈夫。

ということではないのです。

本当に健康な身体を持っているということは
あらゆる能力が高く発揮できる状況にあるということ。

仮にその人自身の能力が100だとしたところ
健康的な身体を持っていたら100まるまるの能力を使うことができるのです。
ですが、完璧に自分の能力を使うということはできません。

ちょっとした疲れやストレス、睡眠不足など様々な理由にて
完全なる力を発揮することができないのです。

しかも、今日話す最低限の健康的な身体を常に保つこと以上に
体力作りをしっかりしておくことにより、心理的な面でも強くなれるし
集中力、継続力、そして体力や、メンタル面などにも影響し
最高のパフォーマンスを発揮できるようになるのです。

そしてまずはこのラインを最低限のラインに持っていくことが
すべての出発点、土台となるのです。

 

健康な身体を保つために必要なもの

ではその身体を作る、保つために必要なものは何なのか。

それはこの3つのものです。

「食事(栄養)」「睡眠」「運動(ストレッチ)」

衣食住のうちの「食」と「住」。それに適度な運動を加えて
健康的な身体を意識的に保つこと。

これを心がける必要があります。

 

具体的にいうと、まず「食事」

カッコ内にもあるように、栄養のコントロールが必要なのです。
ですので、最低限の栄養学の知識は、軽い栄養学の本などを読んで学び
実践し継続することが必要です。

三大栄養素である「炭水化物」「脂質」「たんぱく質」
そして五大栄養素の残り二つ「ビタミン」「ミネラル」
そして腸内環境を整える「食物繊維」

これらを「炭水化物」や「脂質」は適度に抑え
摂取にクセのある「ビタミン」や「ミネラル」はしっかり取る。
そういったバランスぐらいは意識しておきましょう。

 

次に「睡眠」。

これも非常に重要な人間として生きるために絶対に必要な
食事と並ぶ、毎日欠かすことのできない肝となる部分です。

ショートスリーパー、ロングスリーパー
と人によってタイプがあります。

3時間睡眠でどうたらこうたら、などという本に騙されず
自分がしっかり日中眠たくならず、快調に動けるような睡眠時間を
ちゃんと確保してください。

その他、ちゃんと熟睡できる寝床や環境
そして無呼吸症候群など身体的、精神的な要素を
病院に行ったり環境を整えるなどの対策をしっかりすることも
本当に大切なことです。

一般的な人の場合、僕の個人的な推奨睡眠時間は

「7時間」です。

一般的に日本人は少ない傾向があるようなので
意識的に取るようにしましょう。

前回話した「時間」を確保するために
この「睡眠」の時間を削りがちですが、それは絶対にやってはいけないことなのです。

「睡眠」を削らずに「時間」を確保しましょう。
できない環境ならば、そのできない環境を変えるべきです。
環境を変えることに、力を注ぐべきなのです。

 

そして最後に「運動」。

これはいわゆる、ストレッチや筋力トレーニング
そして有酸素運動などの身体を動かすという部分です。

これには二つの側面があります。

一つ目は
「身体を鍛えたり、柔らかくしたりして動ける身体を作ること」

そして二つ目は
「身体を動かすことによるストレスや滞りの解消や、体力の消費」

一つ目の身体を作ることは言うまでもないと思いますが
具体的には「体幹を中心とした筋肉」「体力」「柔軟性や血の巡り」
などを鍛えることが重要です。

そしてあまり重要視されない中で大事なのが二つ目

身体を動かすとストレス解消にも繋がり
テストステロンや、ドーパミンなど、やる気の元となるような物質が
分泌されるのです。
そして体力の消費も大切な部分です。

人は1日に使うべき体力が大量にある人がいます。
こういう人は、体力を使わないからこそ疲れる
という現象が存在するのです。
僕はこのことを、「1日の消費必要エネルギー」と呼んでいますが
このエネルギーを消費しないと、身体の中の使うべきエネルギーの流れが
滞り、それが自分自身に害を及ぼす作用を引き起こす。
と考えております。

これは僕の見たところ現実的であり、なおかつ意識している人が
ほとんどいないという、盲点となりがちな話です。

 

これら「食事」「睡眠」「運動」によって
身体の健康をまずは最低限、病気にならないレベルで保つことが
基礎的な土台となる大切な部分なのです。

100以上の能力を無理に目指して気合を入れすぎる必要はありません。

まずは最低限でいいのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました