【節約術】炭水化物コストパフォーマンス調査、米かうどんかパスタか

節約において大きな支出を占める食費
その中でもメインとなる食べ物であるお米
すなわち炭水化物について考えてみました。

僕の場合はお米をふるさと納税でもらっているため
さほど現実的な支出は抑えられているのですが
プロのニートの方などは抑えるべき税金がないので
炭水化物の支出がそのまま家庭の支出になってしまいます。

しかも常日頃から疑問を抱いていた、うどん1玉20円は
コストパフォーマンス的にどうなのか
パスタ100g、100円も含め、比較し
意外だったのですが、答えを出してみました。


コスト面から考える、米、うどん、パスタ


安いスーパーなどに行くと、うどんや蕎麦、焼きそばなどの麺類が
20円とかで売られていることがありますよね。
あれについてグラムあたりの単価で調べてみました。

グラム数はそれぞれなのですが
推奨食事量(200gとする)を基準として考えます。

うどん
200gあたりの値段はそのまま、20.00円

白米
150g、炊くと約330g
10kg、3000円の場合
炊いた後の200gあたりの値段は、27.27円

パスタ
100g、茹でると約250g
450g、100円の場合
茹でた後の200gあたりの値段は、17.78円

なんと、パスタが最安ということになりました。

しかもパスタは、業務スーパーなどを利用すればさらに安く購入することが可能なはずです。
米が一番高いとは、予想外でしたね。
僕自身もまだまだ節約が可能であると自覚しました。

うちの食卓にパスタが並ぶことも増えるかもしれません。

とはいえ値段以上に大切な栄養面。
この部分も調査してみました。


米、うどん、パスタの栄養的価値


・お米の栄養成分、200gあたり

エネルギー、336kcal
たんぱく質、5.0g
脂質、0.6g
炭水化物、74.2g
食物繊維、0.6g
ナトリウム、2mg
など

 

・うどんの栄養成分、200gあたり

エネルギー、210kcal
たんぱく質、5.2g
脂質、0.8g
炭水化物、43.2g
食物繊維、1.6g
ナトリウム、240mg
など

 

・パスタの栄養成分、200gあたり

エネルギー、298kcal
たんぱく質、10.4g
脂質、1.8g
炭水化物、56.8g
食物繊維、3.4g
ナトリウム、340mg
など

となってます。

うどんはカロリー控えめ
パスタは塩分高め
ということが言えるでしょう。

参考までに、健康にいいと言われている
・蕎麦の栄養成分、200gあたり

エネルギー、228kcal
たんぱく質、9.6g
脂質、1.4g
炭水化物、44.2g
食物繊維、4.0g
ナトリウム、100mg
など

食物繊維が多いなど言われているようですが
気にするほどでもないかなというのが正直な感想です。
血液サラサラ成分が含まれているみたいなので、そこはいいですね。

この程度の違いならば、パスタの塩分と
気になる人はうどんや蕎麦の低カロリーを気にしていれば良いでしょう。
肝心なのは、ご飯でもうどんでもパスタでも
食べ方によって栄養成分は変わってくるので
何もなくても食べられるご飯はその点強いかもしれませんね。
その他の栄養素は副食で補うといいでしょう。

 

結論
コストパフォーマンスで考えると

パスタ>うどん>白米

という結果が出ました。
栄養成分なども考えるとキリがないですが
我が家もパスタの割合が上がるかもしれません。
意外ですね。

 

※注意
当サイトは主婦的サイトではなくあくまで
健康的に楽しく、余裕を持って心豊かに生きるための
ニート向けのサイトです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました