【節約術】勝って兜の緒を締める

意味がわからないと思いますが、この

「勝って兜の緒を締める」

というのは、節約術の一つで重要なものです。

人は勝った時、調子のいい時、そんな時ほど気持ちが緩まるものです。
それを節約の面から見ると、給料やボーナス他、各種収入が入ってきた時が
これに当たります。

ここまで言ったらほぼ言いたいことはわかったと思いますが
「収入が入った時ほど節約を意識せよ」
ということです。

当然のことなのですが、これができる人は意外に少ないです。
なぜなら人としての本能に近いものだからです。
「収入入ったし、少しぐらいいいか」
と考えるのは人として自然なこと。

そして何かに使ったりするのです。
それはもちろん、悪いことではありません。
自分へのご褒美にもなるでしょうし、そのために働いた成果を実感するひと時でもあるでしょう。

そこで僕ら節約を心がける者たちとしては
こういう時ほど気をつけて節約するのです。
気持ちとしては、我慢するというのではなく
気にしないのが理想で、仮に気にしてしまったとしても
気持ちが緩んだ時に一歩だけ立ち止まり
「とりあえず、来週に持ち越そう!」
など時間をずらしてみるのです。

その後、仮に1週間後になってみればわかりますが
忘れていることが多いでしょう。
結果としてたいして重要ではなかったのです。

今まで給料日など待っていた人は特に
これをやるだけでも、効果は大きいので
ぜひやってみてください。

 

ちなみに僕としてのオススメはやはり
収入が入ったことを知らないぐらいの気持ちでいること。

例えば、給料三ヶ月分というのを推奨しているのですが
給料三ヶ月分が常に口座に入っていた場合
給料が入っても入らなくても、さほど生活に変化はありません。
よって、給料が入ることを意識しなくなるのです。

このようなマインドで、日々生活してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました