【節約術】自然と節約できる意外な節約法

前回、前々回と
節約の基本的なことを書いてきましたが
今回はまた別の角度から、節約法を考えてみたいと思います。

前回、場所代を節約する。
という話をしたのですが、場所代の節約の一つに

「家のランクを一段階下げて家賃を下げる」

という方法があります。
正直、家のランクは一段階下げても、さほど苦ではありません。
人というのは、一度生活水準を上げてしまうと
再び下げることは難しいと言います。
これは事実です。

ですが、それをあえてやってみるのです。
プライドや気持ちの問題で生活水準を下げるというのは
なかなかやりづらいかもしれません。
ですが実際やってみると、それほど広い部屋は必要なかったな。
と思うこともあるし
狭い部屋でも特に苦痛なく暮らせる。
慣れれば大したことではない。
というようなことは往々にしてあります。

家のランクを下げるとは、家賃が下がるのはもちろんとして
その内容にはいくつかのパターンがあります。

・家の広さを少し狭くする
・駅から少し距離のある地域に住む
・交通アクセスが一段階不便な地域に住む
・築年数の長い建物に住む
・オートロックやその他便利機能を妥協する

などがあります。

そして実はここからが今回の本題なのですが
家のランクを一つ下げる内容のうち

「家の広さを少し狭くする」

という点がポイントです。

冷蔵庫理論というのをご存知でしょうか?
冷蔵庫のサイズが小さいから大きい冷蔵庫を買ったとする
しかし、買ったものの、結局その冷蔵庫にものをいっぱい詰め込んでしまう。
結局冷蔵庫のサイズによって行動が変わってくる。
というような理論です。

これが、部屋に関しても当てはまります。
部屋が狭いと、どうしても物を大量に置くことができません。
したがって、無駄なものを持たないように心がけるようになるのです。
しかも、空間という大切な資源を有効に使おうと努めるようになるのです。
空間を気にしている人は少ないですが、例えば家賃を払っている場合
その空間自体にも家賃は発生しているのです。
仮に無駄なものを置いていた場合、その無駄なものを置く空間にすら
家賃を払っているのです。
本当に無駄な行為なのです。

部屋の広さを狭めると、こういった副産物が得られることがあります。
ちなみに僕自身は現在、少し広い部屋に引っ越してしまったのですが
もともと引っ越しをよくしていたため
物を持たない習慣が身についているので、広くても使い道ないな。
と日々思っているぐらいです。

掃除も大変になりますしね。

少し狭い部屋に住んで、節約意識を変えるという行為。
結構オススメなので、ぜひやってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました