節約の基本マインド

今年のテーマ

節約ということで

節約の基本をお伝えしたいと思います。

 

節約の基本は文字どおり節約

 

「必要のない出費」を減らすこと

これに尽きます。

まずはマインドが一番大切です。

 

この、「必要のない出費」

というのが肝で

 

人によって

・本当は必要ないのだけれども必要なものと思い込んでしまっている

というところ

 

そしてもう一点

・誘惑に負けてしまうことろ

 

この二点が最も大切なのです。

 

まず

・本当は必要ないのだけれども必要なものと思い込んでしまっている

 

という点

 

例えば根本的な問題として

通信費

実はこれは、(生きていくために)本当に必要なもの

ではないのです。

正しく言うならば、(現代社会で生きていくために)必要なもの

なのです。

 

ただし、日本の現代社会においては必要なものになってしまっています。

 

これは極端なので他をあげますが

現実的に減らせるものとして考えられるものとして

・コンビニでの買い物

・娯楽費全般

・交際費

・酒、タバコ、ギャンブルなど

などがあります。

 

そこでいかに感情に流されないかということが大切なのです。

特に、娯楽費と酒。

人間ですから必要だと思います。

 

しかし、その娯楽費が本当に必要かというとそうではない場合が

非常に多いです。

社畜で働いて溜まったストレスを、その稼いだお金で吐き出す。

これでは本末転倒ですよね。

ストレスの少ない職場に移りましょう。

 

その娯楽費、その瞬間我慢すれば過ぎ去る感情ではないのか?

大抵の娯楽費は、瞬間我慢したといって大して影響はないのです。

本当に影響があるならば、それはあなたにとって必要なもの。

ストレス発散のためならば、ストレスの元を断つことが重要なので

元を断つことに労力を費やすべきで

ストレスを解消するためのものではなく、楽しむための娯楽ならば

それは大いに楽しんでください。必要なものです。

 

 

節約が苦手な人というのは、こういった自分自身の誘惑に負けてしまうことが多いのです。

その節約に対する苦痛より、それによって溜まったお金で

本当に自分がやりたいことに使うことの喜びの方が

はるかに多いので、誘惑の感情を見るのではなく

その先にある楽しみを見てください。

苦痛に耐えるのではなく、未来の楽しみを見据えるのです。

 

 

その辺りが

二点目の

・誘惑に負けてしまうことろ

という点につながってくるのです。

 

本当に必要な出費かどうか厳しく見極め

日々の生活の中の誘惑、特に人からの誘惑に負けないこと。

無駄な誘いは「NO!」をちゃんと言うこと。

 

これを行動ベースでやっていけば

節約はやりやすくなります。

 

その「NO!」によって悪い影響があるような人間関係ならば

それは必要のない人間関係です。

ちゃんとあなたのことを尊重してくれる人ならば

理由を話せば応援し、協力し

「じゃあ◯◯しようか」などの妥協点を考えてくれるはずです。

それを続けていれば、同じような人たちがあなたの周りに集まってきて

人生がいい方向に転がっていきます。

これは事実です。

 

 

あと、おまけでもう一点

目標を立てることも大きな手です。

 

この目標の立て方については

僕の研究上、人によります。

 

・月◯万円貯金しよう!
など具体的な数値目標を出したほうがいいタイプ

・とにかく切り詰めよう!
など節約自体にゲーム感覚でストイックになれるタイプ

・節約して◯◯するんだ!
など節約後の未来を夢見て頑張れるタイプ

・私は◯◯する!
など人に宣言したりして気持ちを高められるタイプ

・「◯◯する」
など具体的な行動を紙に書いて見ることにより自分に言い聞かせられるタイプ

 

などそれぞれあったやり方を試していきましょう。

 

ちなみに、僕個人的には

仲間と一緒にやる。というのはあまりお勧めしません。

既にそれを行えている人を見本にしてやっていくならいいですが

同じような立場の友人などは、周りが失敗して自分も影響されてしまうことが多いからです。

自分にあった節約方法を、それぞれ試して行っていけばいいと思います。

 

完璧である必要はありません。

誘惑に負けた時は、ダメだったと自分を責める必要はなく

あー負けちゃっったけど、これは必要なものだったんだ。

自分を追い詰めない程度に変えて、次頑張ろう。

と思えばいいのです。

目標を変えるだけ、失敗ではないし、自分を責める必要はないのです。

 

 

本当に必要な出費のみに限定し

それを保つ。

それによって節約したお金で自分が本当にやりたいことをやる。

(僕の場合は底辺リタイアを目指す)

 

習慣化させれば苦痛でもなんでもありません

コツコツと、地味にやっていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました