日本におけるキャッシュレスへの流れ

最近、日本の国策として

キャッシュレス化しようと躍起になっているのが見受けられますね。

 

正直、現在の日本の国策はあまり優秀であることが多くないとは思いますが

キャッシュレス化の流れが加速していくことは

確実だと思います。

 

 

日本におけるキャッシュレス化の実態について

おさらいしてみましょう

 

まず日本の特徴

・基本的に国民全体が現金志向
(現金の利点を知ってしまっている、現金に対する信頼が熱い)

・機能がバラバラだし、種類が多すぎる
(ユーザーとして面倒、汎用性の高い現金がやっぱり便利となってしまう)

・手数料が高い、手数料で儲けようとしている
(機械を設置する手数料や、利用する際)

・警戒心が高い、守りの国民性
(個人情報やデータ流出など)

などがあります

 

一方中国はというと

・導入しやすい環境をまず作った
(導入手数料や手数料が安く、導入しやすい環境を作った)

・財布を持たない習慣
(もともと財布を持たないので携帯だけで払える便利さが大きい)

・元々現金に対する信頼が薄い

・新しいことを取り入れる意欲が高い国民性

・政府がビジネスに厳しく関与しすぎない
(おそらく国が大きすぎて管理しきれないため、あれはダメ、これはダメなどの規制が基本的にゆるい)

などがあります

 

とりあえず過去としての話はあんまり重要ではないのですが

僕らにとって大切なのは将来

 

どのような未来が訪れることが予想されるか

ということが大切です。

 

まず前提として

日本では現金志向が強いため

政府が計画しているようにはキャッシュレス化は進まないと思われます。

 

個人的には

楽天のedyを使っているのですが

支払いは「エディで!」というと

ID(交通系電子マネー)にされたり、レジのボタンを押すのに戸惑ったり

手間取る店員さんがけっこう多いです。

 

そもそも、支払い元が何であろうとも

いちいち何で支払うか言わなくても

機械にかざしたら勝手に決済されるようなシステムができたり

 

某会社(ファーストリテイリングやアマゾンなど)が行っているように

何か通したりかざしたりしなくても商品を持って出るだけいい

などの

より手間のかからないサービスができてからようやく

加速していくのではないかと思います。

 

正直日本人は賢いところがあると思います。

悪いこと色々言われていますが、やり方が下手なだけで

能力としては優秀な人間が多いような気はします。

研究者体質なんですよね。

 

だからこそ競合する会社が増えてしまい、ユーザとして

利便性が悪くなってしまったり

ユーザーも賢く考え、デメリットなどをちゃんと考えてしまう結果

なかなか広まらないのだと思います。

 

とりあえずキャッシュバックしたり、無駄に宣伝しまくったり

割引けばいいという問題ではなく

本当のユーザー視点に立つことにより

「利便性の向上と、使える店の多さ、安全性の高さ」

そして「業者としての導入のしやすさとメリット」

こういったものをクリアするサービスが

信用の高い会社から発行された時に

一気に普及するのではないかと思われます。

 

 

普及し生活に溶け込んでしまった後であれば

元手は回収できますので

目先のことを見るだけでなく、先を見ているAmazonのようなやり方をしている企業は

強くなっていくことは必至なんじゃないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました