働きたくない。では何がしたいのか

働きたくないでござる!

 

今ちょうど、時間ができているので

原点に今一度立ち返って

この記事を書いてる今、この瞬間

真剣に考えてみた。

 

働きたくない。

では何がしたいのか。

 

そもそも

働きたくないということの

本当の意味をちゃんと考えるべきなのかもしれない。

 

僕も含めそうだが

働きたくない。

というのは

人それぞれいろいろな事情があると思う。

 

例をあげるならば

・自分に自信がなくて働くことができない

・そもそも、人から支持を受けて働くということが苦痛

・働いた時の悪いイメージが残っており、働くということ自体が嫌

・仕事に対して意味を感じていない

・やりたくないことを強制的にやらされるのが嫌

・職場の変な人間関係が嫌

・給料体系に満足していない

・長い時間の拘束が嫌

・理不尽なことがあっても従って働かなければならないのが嫌

・性格上真面目すぎて気負いすぎてしまう

・純粋に楽しくない

など様々です。

 

 

僕は、自分自身が、働きたくないでござる!と掲げているように

それに対して甘えだとか、気持ちの問題だ、とか言うような

いわゆる常識人と言われているような

きれいごとや

世間の何もわかっていない人が言うようなことは絶対にしない。

 

もちろん甘えの人も多く存在するだろうが

人それぞれ、事情が絶対にあるのだ。

それに対して頭ごなしに否定するというのは

ちょっと違うと思う。

 

本当の意味では仕事もできない

人としても未熟な人間のすることだと僕は思っている。

 

これらの問題を、それぞれ違う角度から解決したらいいのだ。

がしかしこれらの問題は今日は一旦置いといて

 

働きたくないのはわかる。

 

では何をしたいのか?

そこを考えてみたいと思う。

 

 

僕自身はというと…

 

人生において大切なのはお金ではなく

 

仲間、家族

 

それを成すための、健康な体、時間の余裕、自然や芸術などを感じる優雅なひと時。

自分自身が満たされており、なおかつ

自分の影響によって人が幸せになること

これは綺麗事ぬきで、本当に嬉しい。

 

心の奥底から、ありがとうと言われた時の喜びは

他の何物にも変えがたいものであり、決してお金では買えないもの。

 

普段僕は、お金のことを多く述べていますが

実はお金は非常に大切な道具ではあるが

あくまで道具、その他いろいろある大切なものたちより大事だとは思っていません。

 

ここを目指すことが、僕自身が最もやりたかったことではないだろうか。

 

健康的で、精神的にも満たされた日々を送り

仲間たちと協力し合いながら

笑い合い、楽しく日々を過ごす

そしてその輪を、世界中に広めること

 

このことこそが、僕自身のやりたいこと

いわゆる「理念」とよべるようなものではないだろうか。

 

そのために、心理学も学び、経済も学び、投資も学び

今現在はビジネスも学び、果ては占いや物理学、芸術関連なども

幅広く学んでいたのだ。

 

 

 

今日の記事は、拙い文章で申し訳ないが

 

これが

本来僕が望んでいたことなのだと思う。

 

改めて再認識しました。

大切にしたいと思う。

 

物事を始めるには

必ず最初に、ビジョンが必要になる。

そのビジョンを明確化する。

 

働きたくない。

そう言っているみんなも

改めて、考えてみてはいかがだろうか。

 

どんな人間でも絶対に、輝ける場所はある。

それをまだ、知らないだけ、めぐりあえていないだけ。

 

本当にやりたいことをやっている時、人は

努力をしてるとも感じないし、働いているという感覚もない。

さらにやる気やエネルギーは、どこまでも湧いてくる。

それが、かつてから言われている「天命」と呼べるようなものなのだと思う。

 

 

今、ニートをしている人なんかも

すごい才能が眠っているということは

往々にしてある。

 

それを適切に教示し、いや、気づいてもらい

その道を示してあげられるような人間に

僕はなるのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました