真のお金持ちになる

お金とは何なのか

 

なぜお金が欲しいのか

 

どんな人でもほとんどの人は

お金を欲しがるでしょう。

 

宝くじが当選するなどして

大金が手に入ったらどうするか。

 

誰しも考えたことがあると思います。

 

 

その一方で、お金持ちに対する妬み

お金持ちなんて汚い人間だ。

汚いことをして稼いだんでしょ?

あー、あそこはお金あるからねー。

お金持ちから税金を取れよ!

 

など

さも金持ちの人が悪いように言うようなことも多々あります。

 

 

しかし、僕は、これに対して反意を述べたいです。

真のお金持ちとは、人々に尊敬されるべき存在であるべきなのです。

 

どういうことかというと

これは、お金の使い方の問題が大いに関係しています。

 

そのお金持ちは、持っている大金を何に使うのか?

 

 

 

僕が思う真のお金持ちは

世のためにお金を使う。

 

 

考えてみて欲しいです。

とあるお金持ちが私財を投じて何かを行う。

それによって自分たちの生活が豊かになる。

 

無償で通える学校を建てたから、教育を受けられるようになった。

本当に困っているときに助けてくれたから、生きていくことができた。

無償で…

 

 

それを知った人たちがどうなるか?

 

あ!すごい!

僕も、私も、あんなすごい人物になりたい!

 

そう思わせることができる人こそが

真のお金持ちであると思うのです。

 

 

お金持ちは妬むべきものではなく、尊敬すべきもの。

こうなりたいと人々が願うようなもの。

 

こういう流れを作り出すことができれば

世の中全体が良い流れになっていくと思うのです。

 

 

僕は、お金を手にして、そういうことをやっていきたい。

 

そういう世の中、真のお金持ちというものを、作っていきたい。

 

これが僕の夢の一つ。

 

そのために、今、お金を求めているのです。

 

 

 

と言っても

お金持ちになったらこうしたいああしたい。という以前に

貧乏な今の現状でも、できることはたくさんあるはず。

 

些細なことでもいい

何かしら、善良な行動をしていきたい。

 

そう思う今日この頃です。

 

 

僕は、35年、生きてきて気づいたことがあります。

 

結局、僕にとって最も満たされるのは

お金を稼ぐことでも、豊かな生活をすることでも、何かを与えられることでもなく

与えることなのです。

 

 

これは、僕だけじゃなく、人にとっての真理だと思います。

 

正直、これに勝るものは、ありません。

 

与える喜びを知ってこそ、人生の真の意味での喜びを知ることができる。

 

普段は宗教みたいになってしまうのであまり言わないのですが

 

日々、本当にそう思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました