27,頤(山雷頤)さんらいい

27,頤(山雷頤)さんらいい

「口、養う」

 

卦辞「頤は、貞しくして亨る。頤を観る。自ら口實(こうじつ)を求む」

初九「爾(なんじ)の靈龜(れいき)を舎てる。我を觀て頤を朶る(たる)。凶」
六二「顚(さかしま)に頤わる(やしなわる)。経に拂る(つねにもとる)。丘において頤わる。征けば凶」
六三「頤うに拂る。貞しくして凶。十年用いる勿かれ。利しきところなし」
六四「顚に頤わるるも吉。虎視眈々たり。その欲逐逐(ちくちく)たり。咎なし」
六五「経に拂る。貞しきに居りて吉。大川を渉る(わたる)べからず」
上九「由りて(よりて)頤う。厲う(あやう)けれども吉。大川を渉るに利し」

※口實「食べ物。栄養となるもの」
靈龜「神秘的な力のある長生きした亀」
朶「垂れる」
顚「さかさま」
経に拂る「道に背く」
逐逐「どこまでも追求するさま」
由「より集まる」

コメント

タイトルとURLをコピーしました