23,剥(山地剥)さんちはく

23,剥(山地剥)さんちはく

「剥奪、剥ぎ落とす、尽きる」

 

卦辞「剥は、往くところ有るに利しからず」

初六「牀(しょう)を剥ぐに足をもってす。貞しきを蔑み(さげすみ)凶」
六二「牀を剥ぐに辨(べん)をもってす。貞しきを蔑み、凶」
六三「これを剥ぐ。咎なし」
六四「牀を剥ぐに膚をもってす。凶」
六五「貫魚。宮人をもって寵(ちょう)す。利しからざるなし」
上九「碩果(せきか)にして食されず。君子は輿(くるま)を得、小子は盧(ろ)を剥ぐ」

※牀「ねどこ」
辨「足の付け根の部分」
碩果「大いなる果実」
盧「住み家」

コメント

タイトルとURLをコピーしました