20,観(風地観)ふうちかん

20,観(風地観)ふうちかん

「仰ぎ見る、見られる、示す」

 

卦辞「観は、盥(かん)して薦(せん)せず。孚有りて顒若(ぎょうじゃく)たり。」

初六「童観す。小子は咎なし。君子は吝」
六二「闚観す(きかんす)。女の貞にして利し」
六三「我が生を観る。進退す」
六四「國の光を観る。用いて王に賓たるに利し」
九五「我が生を観る。君子は咎なし」
上九「其の生を観る。君子は咎なし」

 

※盥「たらい。洗う。注ぐ」
顒若「仰ぎ敬う」
闚「覗き見る」

コメント

タイトルとURLをコピーしました