12,否(天地否)てんちひ

12,否(天地否)てんちひ

「道ふさがる、通じない」

 

卦辞「否はこれ人にあらず。君子貞しくして利あらず。大往き小来たる」

初六「芽を抜くに茹たり。其の彙(たぐい)をもってす。貞にして吉、亨る」
六二「包承す。小人は吉。大人は否にして亨る」
六三「包羞す」
九四「命有りて咎なし。疇(たぐい)祉(さいわい)に離く (つく)」
九五「否を休む。大人は吉。其れ亡び其れ亡びんとす。苞桑(ほうそう)に繋ぐ(つなぐ)」
上九「否を傾く。先に否し後に喜ぶ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました