10,履(天沢履)てんたくり

10,履(天沢履)てんたくり

「礼、履み行う」

 

卦辞「虎の尾を履む(ふむ)。人を咥わず(くらわず)。亨る」

初九「素を履む。往きて咎なし」
九二「道を履む。坦々たり。幽人にして貞しくして吉」
六三「眇(すがめ)能く視る。跛(ちんば)能く履む。虎の尾を履む。人を咥う。凶。武人、大君となる」
九四「虎の尾を履む。朔々(さくさく)にして終には吉。」
九五「夬し(けっし)履む。貞しくして厲うし(あやうし)」
上九「履むを視て祥(しょう)を考す。其れ旋り(めぐり)元いに吉」

コメント

タイトルとURLをコピーしました