8,比(水地比)すいちひ

8,比(水地比)すいちひ

「親しみ助ける、同等」

 

卦辞「比は吉。原筮(げんぜい)するに元永(げんえい)貞しくして、咎なし。寧(やす)からざるまさに来たる。後夫は凶」

初六「孚有りてこれに比す。咎なし。孚有りて缶、満ちれば、終には来たりて他の吉有り」
六二「これに比すること内より。貞しくして吉」
六三「これに比する、人にあらず」
六四「外、これに比する。貞しくして吉」
九五「比を顕らかにす。王、三駆(さんく)してもって前禽(ぜんきん)を失う。邑人(ゆうじん)誡めず(いましめず)。吉」
上六「これに比する、首たるなし。凶」

コメント

タイトルとURLをコピーしました