説卦伝


説卦伝


説卦伝では、卦の成り立ちと
「乾」「坤」「震」「巽」「坎」「離」「艮」「兌」
の各小卦の説明をしています。


 

[第一章]
昔の聖人の者、易を作るなり。
神明に幽賛し著を生じる。
(神はものを言わないため、著書とした)

天を参に、地を両にし、数をよす。
(天を三、地を二とし、数を寄せた)

変化を陰陽に観たて、卦を立てる。剛柔を発揮し爻を生じる。
道徳に和順し義の理において、理を極め性を尽くし命に至る。
(道に順じ、道の義の理において、性質、命運と至る)

[第二章]
昔の聖人の者、易を作るなり。将にもって性命の理に順じる。
是をもって天道を立て陰陽といい、地道を立て柔剛という。
人道を立て仁義という。三才を兼ねこれを両にする。
故に易は六画にして卦を成す。
陰を分け陽を分け、互いに柔剛を用いる。
故に易は六位にして章を成す。
(易は六画にして成り、陰陽すなわち柔剛を用いて一つの卦となす)

[第三章]
天地、位を定める。
山沢は気を通じ、雷風は相薄くし、水火は相いとわず。
八卦は、相錯す。
往を数える者は順にして、来を知る者は逆なり。
是の故に易は逆数なり。
(行くのを数えるのは順なため、来るのを知るには逆。故に易は下から読む)

[第四章]
雷はもってこれを動かし、風はもってこれを散じ
雨はもってこれを潤し、日はもってこれを乾かし
艮はもってこれを止め、兌はもってこれを喜ばし
乾はもってこれを君とし、坤はもってこれを蔵める。

[第五章]
帝は震に出て、巽に整い、離に相い見、坤に到り役し
兌に喜び言い、乾に戦い、坎に労し、艮に成言す。

万物は震に出る。震は東方の卦なり。
巽に整う。巽は東南なり。
整うとは万物の潔斉を言うなり。

離なるものは明なり。
万物みな相い見る。離は南方の卦なり。
聖人南面して天下に聴き、明に向かって治める。
蓋しこれらをここに取るなり。

坤なるものは地なり。
万物みな養い致す。故に坤に到り役すという。

兌は正秋なり。万物の喜ぶところなり。
故に兌に喜び言うという。

乾に戦う。乾は西北の卦なり。
陰陽相せまるを言うなり。

坎なる者は水なり。正北方の卦なり。
労卦なり。万物はこれ帰する所なり。
故に坎に労すという。

艮は東北の卦なり。
万物の終わりを成す所にして始めを成す所なり。
故に艮に成言すという。

[第六章]
神なるものは万物に妙し言を為す者なり。
万物を動かす者は雷より疾きはなし。
万物を撓む者は、風より疾きはなし。
万物を乾かす者は火より乾かすはなし。
万物を喜ばす者は沢より喜ばすはなし。
万物を潤す者は、水より潤すはなし。
万物を終え万物を始める者は、艮より盛んなるはなし。
故に水火は相および、雷風は相そむかず、山沢は気を通じ
然るのちよく変化し、万物は既成するなり。

[第七章]
乾は健なり。坤は順なり。
震は動なり。巽は入なり。
坎は陥なり。離は麗(つく)なり。
艮は止なり。兌は喜なり。

[第八章]
乾を馬となす。坤を牛となす。
震を竜となす。巽を鶏となす。
坎を豚となす。離を雉(きじ)となす。
艮を犬となす。兌を羊となす。

[第九章]
乾を首となす。坤を腹となす。
震を足となす。巽を股となす。
坎を耳となす。離を目となす。
艮を手となす。兌を口となす。

[第十章]
乾は天なり。故に父と称す。
坤は地なり。故に母と称す。
震は一索して男を得る。故にこれを長男という。
巽は一索して女を得る。故にこれを長女という。
坎は再索して男を得る。故にこれを次男という。
離は再索して女を得る。故にこれを次女という。
艮は三索して男を得る。故にこれを少男という。
兌は三索して女を得る。故にこれを少女という。

[第十一章]
乾を天となし、園(円)となし、君となし、父となし、玉となし
金となし、寒となし、氷となし、大赤(真っ赤)となし、良馬となし
老馬となし、瘠馬(痩せた馬)となし、木果(木の果実)となす。

坤を地となし、母となし、布となし、釜となし
吝嗇(物惜しみすること)となし、均となし、子母牛となし
大興(大きな車)となし、文となし、衆となし、柄となす。
其の地におけるや黒となす。

震を雷となし、竜となし、玄黄となし、旉(花の一種)となし
大塗(広い道)となし、長子となし、決躁(あわただしい)となし
蒼筤竹(青々とした竹)となし、雚葦()となす。
其の馬におけるや善鳴(善く鳴く馬)となし
しゅ足(後ろ足の白い馬)となし
作足(せわしなく足を動かす馬)となし、的(白い額の馬)となす。
その稼におけるや反生(根に反して芽が生まれる)となす。
その究まりを健となし、蕃鮮(草木が鮮やかに繁盛する)となす。

巽を木となし、風となし、長女となし、縄直(張った縄)となし
工(たくみ)となし、白となし、長となし、高となし、進退となし
不果(果断じゃない)となし、臭となす。
その人におけるや寡髮(白髪)となし、広そう(額の広い人)となし
白眼多しとなし、利に近づき市を三倍と市す(三倍の利とする)。
その究まりを躁卦となす。

坎を水となし、溝瀆(みぞ)となし、隠伏となし
矯じゅう(曲げたわめる)となし、弓輪となす。
その人におけるや加憂となし、心病となし
耳痛となし、血卦となし、赤となす。
その馬におけるや美脊(背中の美しい馬)となし
極心(せわしい馬)となし、下首(頭を垂れる馬)となし
薄蹄(ひづめの薄い馬)となし、曳く(足を引きずる馬)となす。
その車におけるやわざわい多しとなす。通となし
月となし、盗となす。その木におけるや堅くして心(芯)多しとなす。

離を火となし、日となし、電となし、中女となし
甲冑となし、か兵(ほこ、刃物の兵)となす。
その人におけるや大腹(腹が大きくなる病気)となす。
乾卦となし、鼈(すっぽん)となし、蟹となし、タニシとなし
蚌(はまぐり)となし、亀となす。
その木におけるや科上槁(枯れた木)となす。

艮を山となし、径路(小道)となし、小石となし
門闕(楼観のある門)となし
果ら(木の上や下になる果)となし、閽寺(門番や臣、官)となし
指となし、狗となし、鼠となし
黔喙の属(黒いくちばしのある猛獣)となす。
その木におけるや堅くして節多しとなす。

兌を沢となし、少女となし、巫(巫女)となし、口舌となし
毀折(くきが脆く折れる)となし、附決(実が落ちること)となし
その地におけるや剛鹵(硬く荒れた地層)となす。妾となし、羊となす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました