雑卦伝


雑卦伝


雑卦伝では、対立や関係のある卦が一言で表現されています。


乾は剛、坤は柔。
比は楽しく、師は憂う。

臨観の義とは、或いは与え或いは求む。

屯は(始めは)見現れ、しかして(後に)其の居は失わず。
蒙は(始めは)雑にして、しかして(後に)著る。

震は起きるなり。艮は止まるなり。
損益は盛衰の始めなり。

大畜は時なり。
无妄は災いなり。

萃は集まりて升は来ざるなり。
謙は(身を)軽くし、豫は怠るなり。

噬嗑は食すなり。
賁は色なきなり。

兌は見現れ、
巽は伏すなり。

随は故なきなり。(特定のことに関らない)
蠱は整うなり。(戒め正す)

剥は爛なり。(熟成し爛れる)
復は反るなり。(生き返る)

晋は昼なり。(明るさが上に出る)
明夷は誅なり。(明るさが沈む)

井は通じ、(井戸は通じ尽きない)
困は相遇うなり。(相遇いて苦しむ)

咸は速きなり。(速やかに心が通う)
恒は久しきなり。(久しく持続する)

渙は離るるなり。節は止まるなり。
解は緩まるなり。蹇は難なり。
睽は外なり。家人は内なり。(背く、内向く)
否、泰はその種類は反するなり。(塞がる、通ずる)

大壮はすなわち止まり、遯はすなわち退くなり。

大有は衆なり。同人は親しむなり。
革は故を去するなり。(古きを革める)
鼎は新しきを取るなり。
小過は過ぐるなり。中孚は信なり。
豊は故き多なり。親しむ少なきは旅なり。

離は上りて、坎は下る。
小畜は少なきなり。履は処なきなり。(居る所なし)
需は進まざるなり。訟は親まざるなり。

大過は顚なり。(くつがえる。頂き、下るのみ)
姤は遇うなり。柔と剛、遇うなり。
漸は女が帰する(嫁ぐ)に男を待ちて行くなり。
頥は正しきを養うなり。
既済は定まるなり。
帰妹は女の終わりなり。(嫁ぐは終着点)
未済は男の極まるなり。
夬は決するなり。剛は柔を決するなり。
君子は道長し。小子は道憂うなり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました