会社にも性格がある

2017年の12月23日

野村証券が

 

「野村IR資産運用フェア」

 

なるものをやっていたので、企業を見るために参加してきました。

 

何軒かの企業や投資会社などがブースを構え

紹介していました。

 

その中で個人的に思ったことがいくつかありましたので

紹介したいと思います。

 

さすが野村証券、参加しているすべての企業が一部上場という

僕の守備範囲外の企業ばっかりでした。

 

そのため、もちろんそこで説明しているのは

社長ではなく雇用者。

 

社長と雇用者は、全く別のものであるため

やはり雇用者としての話が基本でした。

 

その中で気になった会社のひとつ

 

「ヤマハ発動機」

この会社のバイクは有名ですが

なんとこの会社、守備範囲が広すぎます。

プールも作ってます。とか言っていたので

どういうことか聞いてみたのですが

船を作るときに、その周りの素材について学ぶため

その技術を応用しました。

 

とのこと。

 

素晴らしいですよね。

普通の会社なら、そんな余計なことをしていたら怒られます。

一流の企業というものはやはり違うようですね。

さらに話を聞いたところ、部署の入れ替えも多く、社員たちは様々な部署のことを知っている。

だからこそ、そういった別部門の情報や技術を応用することが可能なのです。

ということらしいです。

元々は楽器のヤマハから別れてできた会社ということで

まさにこの会社の社風がにじみ出ていますよね。

 

一方

「ユーシン精機」

というプラスチック製品の取り出しの機械に特化した会社に立ち寄った時のこと

最初僕は、うろうろと説明を聞く会社にあたりをつけていたのですが

このユーシン精機さんからもチラシをもらっていました。

数時間経ってから再度立ち寄ったところ

「あ、朝も来ていただいた…」

と人は大勢いるはずなのに覚えていてくれていました。

「もうすぐ説明始まりますのでどうぞ」

と言われ椅子に座って待っていたところ

どうやらタイミングが違ったのか、前の席の人が質問をいろいろしていたからかどうかはわかりませんが

「あ、今質問の時間なので、私が説明させていただきます」

と個人的に話をしてくれました。

ちなみに、座って待っている間も

横で社員さん同士が気さくに会話をしていて、いい雰囲気だなー

と思っていたのですが

正体が分かりました。

 

工場の機械の会社なので、てっきり男性が社長だと思っていたのですが

この会社の社長さんは女性らしいのです。

 

おそらくその影響もあってか、細かな気配りだったり

社員同士のコミュニケーションも取りやすかったりする

女性らしい働きやすい会社を作られているのだと思いました。

 

 

その他

「クボタ」

なども水や農業への取り組みなど素晴らしい試みを多くしているようで

非常に興味が湧きました。

 

 

このように

会社というものにも

性格があります。

 

当サイトでは

ニートになるためにまずは固定収入を得ること。

そのためにまず、働かないために就職すること。

これを推奨していますが、その際には

会社の性格を考え、自分にあった会社に就職することを心がけましょう。

 

個人的には、この会社と自分の性格の相性というのが

最も大切な気がします。

 

相性の合わない会社に勤めたら本当に毎日辛いでしょう。

そんな時は、迷わず辞めていいと思います。

 

みんな、苦しむために生まれてきたわけじゃないのだから

楽しく、豊かに暮らすために生まれてきたのだから

それは逃げでもなんでもない。

 

ただ、自分にあった場所を探しているにすぎない。

一度きりの人生を豊かなものにするために

人生で大きな部分を占める「仕事」という部分

おろそかにせず、生きていきましょう!

 

働きやすい会社に勤め、ブラック企業には勤めず、

世の中からブラック企業を根絶させること。

 

これを強く推したいと思います。

どれだけお金を稼いでいたとしても

社会に貢献していたとしても

人々を苦しめている上で成り立っている会社は

「悪」です。

 

社会がそれを放置しておくならば

僕らの行動にて、それを撲滅させようではないか!

 

それが僕の願いです。

豊かな社会は、自分たちで、作るのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました