暗号通貨案件 Jobcoin(ジョブコイン)〜給料の支払いシステムを変える〜

本日は

JobCoinの紹介です。

どうやら

「Global Jobcoin」というものもあり

それとはまた別のもののようです。

 

 


JobCoin は勤怠情報と紐づけて労働インセンティブとして提供し、決済までつなげて行けるこ とが他には無い強みです。

1世界の富裕層及び資産家、投資家、企業が JobCoin を購入し、保有することにより、資産価値が上が った場合、Job Coin を労働インセンティブ等で受取った貧困層の資産価値も上がることにつながり、提 供された資金が全世界の貧困層の財政状況の改善につながり、富裕層の富を世界の貧困層に還元してい く仕組みを構築していきたいと考えています。

2銀行口座を持っていない約 20 憶人の発展途上国の労働者、及び勤勉に働く海外出稼ぎ労働者等の送金 の利便性を高めます。労働者の送金手数料の負担を限りなく低減し、高い手数料から解放されるように したいと考えています。

 

複数の仮想通貨取引所との業務提携、また独自の仮想通貨取引所の開設も計画しており、ユーザーが 利用できる場所を一斉に拡大していく準備を進めております。また、JobCoin は給与相当額随時払いシス テムに乗せることで、様々な決済事業者との連携が可能となり、特定のカードや端末に限らず利用する ことが可能となる予定です。現在すでに、複数のペイメント事業者との提携の話を進めており、また世 界約 4,000 万店の加盟店で、ビットコインでの決済が利用可能となるインフラを保有している企業との 戦略的パートナーシップを予定しています。VISA デビットカードの付加機能という形式をとっているた め、必要に応じて従来の通貨から JobCoin の支払への切り替え、またビットコインなどの支払いに切り 替えることが可能となる予定です。

我々は、途上国の労働者が「『真面目に働けば安定した生活水準となり、家族みんなが幸せに暮らせる こと』を実感し、将来に希望が持てる社会にしたい」と考えており、「世界の貧困や格差の低減」「貧困 層の中間所得層への引き上げ」を事業目標として掲げています。


 

 

などとあります。

 

銀行口座のない労働者などへの給料の支払いを円滑化するために作られたコインのようです

「世界の貧困や格差の低減」「貧困 層の中間所得層への引き上げ」

を目標として掲げており、送金システムを改善し

労働環境を変えることを目標としています。

 

銀行口座を持たない労働者でも

携帯電話は所有していることが多いため、携帯電話にて

給料の受け取り、送金などを円滑に行えるようにする。

 

企業側も、このシステムを利用することにより

信用度の上昇や、求人、労働者の管理などしやすくなる。

 

これがメインのようです。

 

 

 

僕がJobCoinに注目したのは

話を聞いたときの印象が一番なのです。

Mr Paul Yuさんの話です。

 

 

 

日本人にはあまりイメージ湧きづらいかもしれませんが

世界の中では、銀行口座を持っていない人の割合の方が圧倒的に多いのです。

その銀行口座を持っていない人が出稼ぎをした際に

給料を受け取るために出向き

そして受け取ったお金を10%近い送金手数料を払って

母国に送金する。

 

などという高額な手数料を搾取されている格差の現実。

これに対してなんとかしたいという強い思いから

このjobcoinを作ったのだそうです。

 

その話しているときの話し方から、本気でこのことをなんとかしたいのだな

という気持ちが伝わってきたため

僕自身も影響を受けたのです。

 

 

 

世の中を良くするということは

本当に大切なことだと思います。

 

ぜひ成功してほしいプロジェクトです。

 

 

 

 

活動も順調に進んでいるようです。

公式HPはこちらなのでぜひチェックしてみてください。

 

コメント

  1. しばやま より:

    Jobcoin,
    5月上場と聞いていますが、本当ですか?
    調べてもあまり詳しい情報が出てきません。

    • けんた より:

      上場はおそらくその辺りをめどにしてるみたいですね。

      上場自体は取引所の判断になったりするので
      明確な日時は特定できないのが実際のところだと思います。

      一般的には
      ICOが全て終わった後に、取引所との上場のやり取りが開始される
      という流れのようなので
      あくまで私感ですが
      取引所への上場は、ICO完了してから少し経ってから。ということになると思います。

      しかも最近は、その審査も厳しくなってきてるみたいなので
      遅くなる可能性も十分あり得ると思います。

  2. はせ より:

    hypestat.comで検索すると、global jobcoin はUSA、インド、ロシアが主体ですが、job coinは日本からしかアクセス履歴がありません。世界の貧困層を救う理念は本当なのでしょうか?

    • けんた より:

      これに関しては、僕自身もインサイダーの人間じゃないので正直わかりません。
      直接話を聞いたときにはけっこうな熱意を感じはしましたね。
      日本からのアクセスが多いのは日本で集中的に広報を行ったからという理由などあるのかなとも思いますが
      あくまで僕自身の勝手な予想にすぎないです。

      サイトも以前はホワイトペーパーが置いてあったのですが、現在は見当たらないので、そのあたりの詳細も確認が難しいですよね。
      年単位でこれから発展させていくプロジェクトでしょうから
      僕自身はしばらく待ってみようかと思っています。

タイトルとURLをコピーしました