仮想通貨を知る

仮想通貨業界に入るためには

まずは仮想通貨のことを知らなければなりません。

 

 


仮想通貨とは何なのか。


英語でcrypto-currency

直訳すると「暗号通貨」

というのが正しい訳で

暗号化された通貨全般のことを指します。

 

しかし一般的には

「仮想通貨」という表現が日本では主な呼び方なので

当サイトでは仮想通貨と呼んでいます。

 

仮想通貨は怪しい、とされる理由の一つが

この日本語の表現によるものであることは

大いにあるでしょう。

 

仮想通貨のみならず、様々なもので

名前やイメージによって判断されているものは

たくさんあるので

その本質を知ることを心がけることが

全てにおいて大切です。

 

 

 

そして

仮想通貨の仕組みで

最も大切なものが

「ブロックチェーン」と「P2Pによる非中央集権」

の二つです。

 


「ブロックチェーン」について


 

ブロックチェーンとはその名の通り

日々生成される、取引履歴などのデータが入った「ブロック」が

「チェーン」状になって連なっている暗号化技術のことです。

 

この技術の中で重要なのが

このチェーン部分によって繋がっているというところ。

チェーン状に繋がっている部分には

ハッシュ値というものがあり、ある部分のデータを改ざんしようとすると

他の部分のハッシュ値が変わってしまうため

データの改ざんを防ぐことができるのです。

 

 

ブロックの生成、管理はインターネットで繋がれた世界中の

コンピュータを用いて行われているため

改ざんを行うためには、その世界中のコンピュータを集めた能力を超える計算能力を持ったコンピュータが必要になります。

それは事実上不可能に近いレベルになるため

ほぼ改ざん不可能とも言えるレベルの非常に高い暗号化技術となるのです。

 

 


「P2P(pear to pear)による非中央集権」


このブロックチェーンが

世界中のパソコンによって管理されていることのことを

「P2P(pear to pear)による非中央集権」

と呼んでいます。

 

 

 

 

そしてこの二つの方法を用いて作られたものが

「仮想通貨(暗号通貨)」なのです。

 

今は仮想通貨のブームになっているので

ブロックチェーン=仮想通貨

みたいな扱いになっていますが

 

あくまで仮想通貨とは

ブロックチェーンの技術を利用したものの中の一つにすぎないのです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました