投資初心者がまずすべきこと①

いざ投資をする

となった場合

大切なことは何点かありますが

 

まず最も大切なこと

それは

「お金を実際に投じること」

 

勉強をすることが重要であることは

言うまでもないですが

 

たいていの人が

勉強をしてから、原資ができてから

そのうえで投資を開始する

 

という流れを経ているのですが

実際このやり方は

賢いとは言えないでしょう

 

なぜなら

投資を実際に開始した時の

不安や緊張など、メンタル面

さらにお金を投じたが故の真剣さ。

 

これらは

実際にお金を投じないと

絶対に体験できないものだからです。

 

 

お金がないと言っている人も

1万円ぐらいはあるでしょう

それだけあれば十分投資信託も買えるし

外貨も買える

そして株も、単元未満の株を購入できる制度は存在します。

 

十分投資は可能なのです。

 

そしてそれらをすること

その上でひたすら学ぶこと

 

まずはここがスタートラインです

勉強してからスタートする

ではなく

スタートしてから勉強する

が正しい方法なのです。

 

 

そして

できれば

その投資は失敗するのが好ましいでしょう。

よくよく考えてみてください。

 

原資が2億の状態での失敗と

原資1万円の状態での失敗

いたさが全く違います。

 

後の2億のことを考えると

今のうちは1万円払って失敗の経験をすることの方が大切なのです。

 

なぜならば

投資を開始した場合

最初はほぼ間違いなく失敗するからです。

 

もちろん

勝っている人も

全勝の人なんか存在しません。

 

大切なのは負けを知ること

負けを最小限に抑え

その負けた理由を自分が納得できるまで追求すること。

 

これによって

自分自身の能力を上げること

これこそが

最も大切なことなのです。

 

 

 

世の中の大きな失敗談をよくよく調べてみると

・お金を稼いだため調子に乗ってしまったから

・投資知識や経験がないサラリーマンなどが、退職金や相続などにて大金を一気に手にしてしまい、それを投じて失敗する。

 

ほとんどの場合、この2点に集約されます。

 

相続によって土地を手にした人が

業者に言われるがままに採算の取れないマンションを建て

借金を背負う羽目になってしまう。

 

退職金を手にし、老後のために金融機関に勧められるまま

金融商品に手を出し失敗する。

 

など

本当に不幸なことにならないよう

 

目先のものを追い求めず

先の大金を追っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました