低リスクな投資手法、株

貯蓄、お金を増やす方法

大きく分けてその2つのうちのひとつ

 

投資についてです

 

原資(足し算)+投資(掛け算)

 

この割合を双方とも高めていき

最終的には融合させることが大切なのですが

 

まず最初の時点では分けて考えたほうがいいでしょう

 

投資とは何か

何をすべきか

 

貯金

債権

不動産

事業投資

為替?

そして今はやりの仮想通貨

など

 

様々ありますが

この中でお勧めしたいのは

 

「株」

 

これが投資という活動の中での

基本的なものとなってくるでしょう

これを基本として

他の投資も考えていくといいでしょう

 

 

というのも

世間一般では株は値下がりのリスクがあるとかなんとか

言われてますが

 

実は、株はリスクがかなり低いものなのです

 

例えば

 

・不動産

基本的に不動産投資を行う場合

借入をしての投資となります

従ってこれには、マイナスにもなりうるリスクを

抱えていることになるのです

 

 

そして

・事業投資

事業が成功する確率というものは、客観的に見て

10年以内に90%以上が会社をたたむという事実があります

自分でやる場合、借入をするなどマイナスにもなりうるし

ゼロになる可能性は非常に高いものであると言えます

 

次に

・仮想通貨

これは2017年時点では、まだまだ値動きも激しく

先行きどうなるかが定まっていないため

リスクは高いもので

大きく値上がりすることもあるが

大きく値下がりすることもあり

落差が激しいものである

 

 

・貯金や債権

実際のお金としての数字を守るという意味では優れていますが

海外はともかく、日本は低金利すぎるためインカムゲインが見込めない

また、物価上昇した場合、実質価値が目減りするというリスクを

密かに抱えている

 

・為替

FXなどに代表される為替ですが

これは厳密に言うと、投資ではない

また、値動きの予想が突発的な出来事に左右されることが多く

困難である。

 

 

これらの中で

株が優れている点として

 

①基本的に右肩上がりを目指す。とされている

このため、政府自体が株価の上昇を基本的に望んでいることとなる

すなわち、国という大きな味方がいるのだ

 

②価値がゼロとなることがほとんどない

上場している企業である以上、ある程度の基準を満たしているなど

しっかりしている企業が多い。

従って、倒産リスクなどと言われるが、そのリスクは低い

または、ある程度は察知することが可能。

 

③制度によって守られている

1日の値動きに制限があったり、本当にダメな企業は

そもそも上場できないなど、厳しい制度が整った中で

行われているので、安心度が高い。

 

④利回り3%ぐらいならざらにある

現代において3%という数値は貯金と比べると数百倍レベルの数字だが

それが普通に存在するのが株である。

 

 

軽く上げただけでもこれだけある

 

投資においては

投資マップ

すなわちどこにどれだけの割合投資するかなどのマップ

を作ることになるのだが

 

そのメイン軸には

株、または投資信託をここにおくことをお勧めする。

 

 

学んでいくと分かることなのだが

株はリスクの低い

安定的な商品なのである

コメント

タイトルとURLをコピーしました