会社員の金銭以外のメリット

前回の記事で

会社員の金銭的な部分に触れたが

今回は
金銭以外の部分

このメリットについて深掘りしていきたい

会社員として
非常に大切なメリット

「社会的信用」

これである

現代の日本においては
最強の信用度合いにあたるものである

特に公務員は最強とされている

金銭面から考えた社会的信用について
具体的に言うと

融資が受けやすい
という部分がある

不動産投資を学んでいる人ならわかると思うが

その融資を受ける際に
職業は最も大事な部分である

3年以上勤めていれば
まず社会的には信用に足る人物とされるだろう
さらに勤めている会社自体の度合いの高さ(上場しているかどうかなどで判断されやすい)
役職などついていればなお信用が高まる

目に見えない部分ではあるが、これが大きなメリットである

というのも
正社員というのは
不動産関係では特に強い力を発揮する
その他にもカードや世間の評判など

この信用というものは非常に効力が高い
働きたくない、そして給料も正直そんなにたくさんは要らないから
時間の方が大切だ
という僕と同じような方も

将来的に
ニートを目指すにあたって

逆行しているかに思えるかもしれないが
いったんは
残業の少ない会社でも探して
会社勤めをすることをおすすめしたい

できればこれを3年以上勤め
その中でニート生活のための能力を磨いていくことを
僕は推奨する

その際
会社で出世などは無理してまで望まなくても良い
競争率の高い会社での出世より
外の世界において収入を確保することの方が
60歳以降の人生においても、ニートになるためにも
大切なことなのだから

コメント

タイトルとURLをコピーしました