ホーム

 

 

【当サイトの目的、なぜ運営しているのか】

 

高橋けんたと申します

題名のとおり、私はどこにでもいる普通の、とにかく働きたくない人間です。

 

社会に出ると分かるように、働くとなると法定上は週5日、週40時間
ところが実際は勤務時間はさらに長く、強制残業、サービス残業、休日出勤、有給取得不可など
7割以上の日は仕事に費やし、人生を犠牲にして働くのが当たり前という風潮になっております。

おかしな話だと思います。
資本主義という社会の中で、人々は金融ばかりを求めすぎているのです。

生きるために絶対に必要な食事、(農業に限定しますが)それを生産している従事者は
2010年、世界基準で17.1%(国際統計格付けセンターより)
これだけで考えるべきではないのですが、単純計算で仕事量は2割
多めに見積もっても半分以上は減らしても構わないと考えることも出来るでしょう。

そもそも我々はなぜ働くのか、なぜ発展を目指すのか。
生活を良くするためであるべきです。

効率化し、技術を開発し、豊かな生活を送るために活動するのです。

原点に立ち返り、本来の目的を見直し
人生を自由で楽しく生きるべきである。

 

私は無駄に働き、人生を終えるような生き方は絶対にしたくない!

 

そんな思いが高じて
働かずして生きていく道を目指して活動することを決意しました。

 

働くということはもっと自由であり、人生を捧げるほど強制されるようなものではないのです。

誰しも一度きりしかない人生は、自分のために生きるべきなのです。

自分の人生そのものは、最大限楽しまなければならないのです。

 

そういった私と同じような働きたくない人に対して
働かないための情報を提供していこうと思います。

 

批判を承知で言うならば
ニートも、年金生活者も、子どもも、専業主婦も、(公務員や会社員なども)
自分自身で直接的な経済活動を行っていないという点では同じ。

親からもらっているか、国や自治体からもらっているか、配偶者からもらっているか、会社からもらっているか。はたまた銀行からもらっているのか、取引先やお客さんからもらっているのか。など
もらう元がどこにあるかの違いに過ぎません。

年金で悠々自適な第二の人生を!とか
アーリーリタイアをしてのんびり暮らす!とかいうのも根本的には同じこと。
ニートという言葉で感情的に反応してしまっている部分が多いのです。

ニートだからといって、非難される筋合いはないのです。

 

意識高い系「君はなぜだらけてるんだ?もっと頑張ったらどうだね」
ニート君「頑張ったらどうなるんですか?」
意識高い系「仕事をしてお金を稼ぎ、自由な人生を楽しむことが出来るようになるんだよ」
ニート君「そっか。なら今と一緒ですね」

 

働かないことに向けて頑張ろう!

当サイトは、働きたくない人の働きなくない人に向けた、働かないためのサイトです。

 

 

当サイトの理念

 


自分を大切に、周りの人も大切に、共に幸せになる


まず自分が最大限満足できる状況を作る。

その上で自分と家族と仲間と社会と、皆の個人的な価値観を同様に尊重し

真の意味での健康、精神双方を重視した幸福を追求し続ける。

 

1、健康、精神、双方とも満たされた日々を送る。

2、1の影響を家族、友人、仲間など周囲の人に及ぼし、人々のリーダーたる人物となる。

3、1、2の項目を、永久に追求し続ける。

4、これらの流れの輪を、世界中に広めることを目的とする。

5、それによって、人々が日々、協力し合い、笑い合い、楽しく過ごせる社会を実現する。

6、時代を問わず、たえず進歩し続ける。

 

 

完全なる状態はないということを理解する。

個人個人によって価値観には違いがあることを認識する。

自分の意見、常識、世間の考え、人の意見いずれにもとらわれず、真実を見抜き続ける。

周りの人と競争し高め合うが争いはしない。

意図せず人に迷惑はかけてもいいが、苦しめたり傷つけたりすることはしない。

 

 

当面の個人的な目標

上記理念を実現するための手段を見つけること。

金銭面において、2億の資産、もしくは年間手取り約600万円相当の収入源を持つこと

運用、やむをえない労働などにより、定期的な収入を増やし、固定経費を削減することによって実現する。

 

現在は

働かないための方法や考え方、働かないための働き方。

節約術、投資、資産運用、その他の知識など書いています。

同じく、ニートを志望する方々の参考になるように。

 

by 高橋けんた

 

 

当サイト説明動画

動画を撮影しましたので、ぜひご覧ください。

働きたくないでござる!当サイトの目的、目標(説明動画) No,050

 

その他

ツイッターも是非ご覧ください。

Twitter
https://twitter.com/KentaNoworks

タイトルとURLをコピーしました